メンズ

育毛サプリメントを使おう|コンプレックス解消

飲んで薄毛を予防

考える男性

副作用を理解する

プロペシアは男性型脱毛症の発生原因である男性ホルモンを抑える薬です。とても効果が高く、世界中の薄毛に悩む男性を救っています。ただし、プロペシアは医薬品なので、副作用が出るリスクがあります。飲む場合は、副作用についてしっかり理解しておくことが大切です。日本国内でプロペシアを手に入れるには、医師の診断を受ける必要があります。大阪府内でプロペシアが欲しい場合は、大阪エリアにある皮膚科や発毛外来などを受診する事をお勧めします。薄毛の知慮は初診、診察、検査、薬の処方代すべて自己負担です。しかし、大阪にはリーズナブルな価格でプロペシアを出しているクリニックもあります。安いと1か月分5千円〜6千円程度で手に入ります。

悪玉男性ホルモンを抑える

プロペシアは前立腺治療薬として開発されたフィナステリドがもとになっています。大阪府内では、フィナステリドという名前で薬を出しているクリニックもあります。成人男性が発症する薄毛・男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンが悪玉男性ホルモンに変化する事です。成人男性でも薄毛になる人とならない人がいますが、遺伝が大きな要因を占めます。つまり、悪玉男性ホルモンが発生する環境が遺伝するため、薄毛が遺伝するのです。遺伝で薄毛になったとしても、プロペシアがあれば解決します。悪玉男性ホルモンの発生を予防することができるからです。昔は薄毛の家系だからと諦めていた人でも、一日一錠飲むだけで薄毛になりにくい体質になります。